体験談紹介「本業を支える副業として」

小さい頃から雑貨屋を開くことが夢で、正社員のポストを蹴って、ついに自分だけのお店を開くことになりました。とてもこじんまりとした店舗ですが、私にとっては大きなお城。何があっても手放すまい!と誓いました。
しかし、その誓いだけで食べていけるわけはなく・・・。
客足はまだ少なく、店舗売り上げだけでは家賃の支払が精一杯。生活苦から実家に帰るも、やはり肩身が狭く・・・。
店番をしつつ出来る副業はないだろうか?と思ったんです。
そんな中、目に留まったのはあるアフィリエイト広告でした。好きな時間に勤務できます!という見出しに惹かれ、私は思わずクリック。リンク先は、チャットレディーを募集する求人サイトでした。
調べると、インターネット回線・パソコン・WEBカメラがあれば何処からでも勤務OKとのこと。
これなら、店番をしつつ行えます。
私はさっそく登録を行いました。
その日から今日まで実に9ヶ月・・・いまだ二束草鞋は続いています。お店の売り上げは軌道に乗りつつあるんですが、まだ心もとなくて。
お金は、あればあるだけ安心ですからね。
問題は、副業のチャットレディーのほうが儲かっているという点・・・。
喜ぶべきことなんでしょうが、本業にプライドを持っている私からすると複雑です。
そうそう。余談ですが、副業としてチャットレディーを選択する方は、確定申告にご注意下さい。
下手に稼ぎすぎると、税金でがっぽり持っていかれちゃいますよ。

会話の重要性
テレビ電話を使ったエッチと言うのは、初心者であればあるほど行動パターンは似通っています。
まず、テレビ電話を使ったエッチの場合には、すぐに相手が見つかるので「すぐに行為に及ぶ」というのが一般的なようですが、これはNGとなりますので注意。
例えば、テレビ電話を使ったエッチにおいても相手はいるわけなので、このような付き合いをしていると相手にとっては不快感もあるのです。
酷い場合には、こちらとの行為が終わったら電話を切るというビジネスライクなお付き合いだってあります。
基本的に、普通の会話からエッチな流れへと持っていくのがテレビ電話を使ったエッチでは重要です。
コミュニケーションですが、不快感をもたれるものもありますので注意してください。
例えば、エロイプで個人情報を聞き出すのもNGです。
危ない相手ではないか・・・と思われますので、テレビ電話を使ったエッチの場合には相手をリラックスさせておき、エッチな行為へと及ぶようにしておいたほうが無難なのです。
基本的にリラックスをしていないと楽しいものも楽しくありません。