相応に気持ちは高まっているでしょう

電話がかかって、自己紹介もそこそこに、電話Hをやる。
そのような人はいないでしょうが、刈りにいたとしたらこれは危ない行動です。
当然のことながらその少女も、多少なりともそうした思いでいるのでしょうが、突然そんな具合になったら敬遠してしまいます。
多分これで電話Hに応じてくれる少女などいないかも知れません。
近頃はやはりマナーとして、少しでもおしゃべりすることが大事でしょう。
少女が敬遠してしまっては電話Hもやれないですし、全てが水の泡となってしまいます。
それぞれの名前も分からないのに、かかってすぐ開始するなんて、一般のエッチでもしませんよね。
こう思うとどれほど尋常でないかが理解できるでしょう。
当然のことながらふたりとも相応に気持ちは高まっているでしょうし、すぐにやりたい気分もあるでしょう。
しかし、少女は気分が冷めるのもすぐですから、最悪すぐ感情が変化してしまうことも有り得ます。
欲情はあると言いながらも、男の人ほど大きくないし、些細なことで気持ちが変化してしまうのが少女という生物なのです。
少女の気分をそうしたつまらないことで冷めさせないためにも、簡単な自己紹介や趣味などをおしゃべりしてから電話Hにいくようにしましょう。
はやる気持ちは十分理解できます。
声を耳にしただけで刺激を受けるかも知れません、しかしここは歯を食いしばって辛抱しましょう。
これをやるかやらないかで、電話Hそのものも変化していくのですから。

電話エッチをするのに何が必要か
電話エッチは気軽にできるものですが、やはり最低限の準備が必要となります。
では、一体何が必要なのでしょうか。
まず、エロイプを使ったエッチでは、イヤホンであったりマイクが必要になるでしょう。
もちろん必須ではないのですが、片手が塞がった状態となりますし、万全の体勢でエッチを楽しむためにも、用意しておいた方がいいでしょう。
万が一充電が切れてしまった時のことも考えて、充電器もそばに置いておいた方がいいでしょう。
そして、電波がしっかりと入るかどうかも、事前に確認しておくことをオススメします。
後は、自分なりに電話エッチが楽しめるように、色々と用意しましょう。
音楽を流した方がムードが出るなら、音楽のセットを事前にしておきましょう。
ローションやバイブなどの道具を使いたい場合も、すぐそばに置いていつでも使えるようにしておきましょう。
シンプルな電話エッチもそれはそれで楽しいのですが、いろんな物を活用すれば、さらに楽しい電話エッチができるかもしれないのです。